贈与税の配偶者控除

 

居住用の土地、建物を配偶者に贈与した場合は、2000万円まで非課税になります。

 

贈与税の年間基礎控除額110万円と合わせれば最高2110万円まで非課税になります。

 

 

 

 

<要件>

1 配偶者との婚姻期間が20年以上

 

 

2 居住の用に供する土地又は建物であること

  又は、金銭を取得して、取得日の翌年3月15日までに居住用不動産を取得すること

 

 

3 取得日の翌年3月15日までに居住の用に供し、

  かつ、その後引き続き居住の用に供する見込みであること

 

 

4 取得日の翌年の2月1日から3月15日までに税務署に申告すること

 

 

 

 

<注意すること>

 

1 同一の配偶者に対して一生に1回のみ。

 

 

2 贈与税が非課税になっても、不動産取得税と登録免許税はかかります。

  相続による取得なら不動産取得税はかかりません。

 

  登録免許税も贈与の場合より相続の方が安くなります。

 

 

3 配偶者控除による贈与は、相続開始前3年以内に行われていても、

 相続財産に含まれません。

 

 

4 新築する場合は、工事の遅れで翌年3月15日までに住むことができないと、

 課税対象になります。