行政書士が公正証書遺言の作成支援をするメリット

以前、公証人の先生に、公証役場の実情をお話ししていただく機会がありました。

 

 

その公証人の先生がいらっしゃる公証役場での平成28年の遺言公正証書のうち、

士業が関与したものが45%(うち、付言事項がある遺言は59%

士業の関与がないものが47%(うち、付言事項がある遺言は18%)

だそうです。

 

 

直接公証役場に個人でご相談にこられても、財産の資料や、戸籍謄本、印鑑証明等の資料がそろわないことがあるそうです。

また、息子さんなどご家族がご相談に来られることも多いが、

当日ご本人に会うと、ご本人が全くご存知ではないこともあり、色々とお困りなこともお話されました。

 

 

士業が関与することで、ご子息とご本人との関係を保ちつつ、遺言に向けて話ができることや、

遺言作成に必要な資料がきっちりそろうこと、そして、お亡くなりになられた後の争続防止のためにも

付言事項を書くことができること。士業が関与することを求められました。

 

 

また、遺言作成そのものへのフォローだけでなく、紛争の未然防止のための相続対策などを

一緒に考えることもできます。

 

 

私も公正証書遺言の作成支援をさせていただいていますが、付言事項はとくに大切に書きます。

お客様が遺言を遺そうと思われたお気持ちや、争続にならないようにお考えになられている家族への想いを

遺言書の最後に文章として記すときは、込み上げてくるものがあります。

 

 

あまり縁のない公証役場に行くことにおひとりで悩まれずに、専門家にぜひご相談ください。