■ 終活サポート・エンディングノート作成サポート

 エンディングノートは書いた方がいいの?

  やはり遺言書を書くことを勧められるの?

  と書くことに疑問があるかもしれませんが、

  エンディングノートは書いた方がいいことたくさんあります。

 

 たしかに遺言書は法的効力があり、相続開始後、遺言書に沿って迅速に遺産分割ができます。

  また相続人間での争いを未然に防止するためには、とても有効です。

  

 ですが、遺言書には書ききれないことや想いはエンディングノートに書いておくと相続人に思いが伝わります。遺言書を作られても、エンディングノートは書いても問題ありません。

 

  たとえば、

  •   預貯金の通帳の保管場所
  •  不動産の権利証などの大切なものの保管場所
  •  葬儀の仕方や供養の方法
  •  遺影にしてほしい写真
  •  家にあるご先祖様の形見の所以
  •  デジタル遺品の取扱い、パスワード
  •  子孫に語り継ぎたい家系のこと
  •  介護や終末医療についての希望
  •  遺品の整理方法
  •  遺言書に記した遺産分割方法の理由  等々

  

 

 

   なかなか日常に相続人となる方と直接お話しできないようなことも、

 書いておくと、相続人も大切に読んでくれるでしょう。

 

  一度に書ききる必要はなく、息子さんや娘さんなどへの想いが込み上げてきたときに、

  手紙のようにゆっくりと書き進めていけば大丈夫です。

  何度でも書き直して大丈夫です。

  完成しなくてもいいものです。

 

 

 

凛法務行政書士事務所では、市販のエンディングノートなどたくさん書式をご用意しています。

実際に見くらべてみて、お好きなものを見つけてもらうこともできます。

市販のものをつかわなくても、便箋に書くのでも大丈夫です。

  

 

 

 訪問を重ねて、書き進めるお手伝いをすることも可能です。 

自由に、気持ちを伝えるきっかけにしましょう。

オーダーメイドでのエンディングノート作成をお手伝いします。