Q.成年後見人がついた高齢者の方が、施設に入所するなどして、隣の県などに住所が移ったときはどうなりますか? 奈良県は、ずいぶんと南北に長く、 奈良県の中心地である奈良市は奈良県の北部に位置しています。 車で10分もいけば、京都府に入るほどです。 京都府の南部の方も、京都市内の市街地に行くより、...
遺言書を作っておいたほうがいいかな、 と思われても、何からすればよいのか見当がつかないものです。 まず、大まかに財産を把握してみましょう。 ご自宅の土地、建物(不動産)、預貯金、有価証券など。 不動産は、毎年4~6月頃に固定資産税納税通知書という書類がお住まいの市町村から届いているはずです。だいたいの土地建物の価値もわかります。...
31日 7月 2017
居住用の土地、建物を配偶者に贈与した場合は、2000万円まで非課税になります。 贈与税の年間基礎控除額110万円と合わせれば最高2110万円まで非課税になります。 <要件> 1 配偶者との婚姻期間が20年以上 2 居住の用に供する土地又は建物であること   又は、金銭を取得して、取得日の翌年3月15日までに居住用不動産を取得すること...
27日 7月 2017
よく知られている平均寿命は、 男性80.75歳、女性は86.99歳です。 もう一つ、最近よく聞かれるようになったのが、「健康寿命」。 厚生労働省の調査によると、2013年の健康寿命は、 男性が71.19歳、女性が74.21歳です。 平均寿命と健康寿命の間の期間は、不健康ということでしょうか?...
以前、公証人の先生に、公証役場の実情をお話ししていただく機会がありました。 その公証人の先生がいらっしゃる公証役場での平成28年の遺言公正証書のうち、 士業が関与したものが45%(うち、付言事項がある遺言は59%) 士業の関与がないものが47%(うち、付言事項がある遺言は18%) だそうです。...
相続手続き · 13日 7月 2017
夫Xが妻Yを生命保険金受取人にして生命保険に加入していましたが、 妻Yが先に亡くなってしまっていました。 その後、夫Xが亡くなり保険金が発生した場合、 だれが受け取れるでしょうか。